プロジェクト提案者利用規約

本規約は株式会社そらゆめ(以下、「当社」といいます。)が運営するクラウドファンディング型ショッピングサイトCROSSクラウドファンディング(以下、「本サービス」といいます。)への商品及びサービスの提供(以下、「販売サービス」といいます。)の出品について、当社とプロジェクト提案者との関係並びに各々の権利及び義務について規定するものです。

第1条(プロジェクトの申請)

本サービスへ販売サービスを出品するには『CROSSクラウドファンディング』プロジェクト掲載申請書(以下、「申請書」といいます。)を提出し、当社よりその承認を受ける必要があります。

第2条(当社の役割)

1.当社は、プロジェクト提案者が本サービスを利用して販売サービスを提供するためのシステムを提供しますが、当社は、プロジェクト提案者と購入者間の売買契約の当事者にはなりません。
2.当社は、プロジェクト提案者が希望した場合、別途定める所定の範囲で販売サービスの製造を代行します。

第3条(販売サービスの提供)

1.プロジェクト提案者は、当社所定の方式により販売サービスの提供等を行うものとします。
2.プロジェクト提案者は、販売サービスの出品の時点で、当社が定める利用規約について購入者との間で合意を得たものとします。
3.当社は、本サービスにおける、販売サービスの掲載の可否、掲載場所、掲載期間等を、自由に設定、変更等することができるものとします。

第4条(当社による販売サービス付随情報の利用)

プロジェクト提案者は、当社が本サービスの会員に対し、販売サービスの画像・音声等の販売サービスに付随する情報をメールマガジン・各種広告・展示場で販売サービスの販売促進のために利用することを許可するものとします。

第5条(損害に対しての責任)

販売サービスに関してプロジェクト提案者と購入者(又は第三者)との間で何らかのトラブルが発生した場合、当該トラブルの発生に当社の著しい瑕疵があった場合を除き、当社は一切の責任を負わないものとし、プロジェクト提案者の責任により解決する事を保証するものとします。

第6条(代金の回収及び支払)

1.プロジェクト提案者は、当社に対し、販売サービスの代金(以下、「代金」といいます。)の回収代行を委託し、本条第5項に定める場合を除き、代金を自ら回収してはならないものとします。
2.当社は購入者から回収した代金から申請書に基づき当社所定のシステム利用料、決済手数料、およびオプション料を差し引いた金額を販売サービスの提供完了した月の翌月末営業日にプロジェクト提案者に支払うものとします。
3.当社がプロジェクト提案者の販売サービスの製造を代行する場合、販売サービスの製造にかかった費用は、代金より相殺することができるものとします。
4.当社は、以下各号に該当したの場合、プロジェクト提案者へ代金の支払い義務を負わないものとします。また、本項f号を除く以下各号がプロジェクト提案者の責により発生した場合、プロジェクト提案者に対し、当社が負った損害を請求できるものとします。
 a.販売サービスが第7条のいずれかであった場合。
 b.購入者が正当な理由により当社に代金の返金を請求し、当社が購入者に代金を返金した場合。
 c.当社が購入者より代金を回収することが出来なかった場合。
 d.売買契約が解除、取消、又は無効となった場合。
 e.販売サービスが提供されなかった場合。
 f.プロジェクトが非成立だった場合。
5.当社は、代金の回収義務を負うものではありません。当社が購入者からの代金回収が不可能である場合かつ代金回収が不可能になった原因がプロジェクト提案者の責によるものではない場合、プロジェクト提案者は購入者に対し、直接代金を請求できるものとします。

第7条(提供できない販売サービス)

当社は、以下の内容を含む販売サービスの提供等を禁止します。
1.わいせつ物、ポルノ、アダルトグッズ、ヌード写真、ブルセラ
2.売春、児童売春、人身売買
3.賭博、富くじ
4.無限連鎖講、マルチ商法
5.偽造された通貨、有価証券、公正証書(免許証、旅券などを含む。)、書籍、電磁的記録
6.窃盗、強盗、詐欺、恐喝、横領、背任その他の犯罪により入手したもの
7.特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、肖像権その他の他人の権利を侵害するもの
8.コンピューターウィルス
9.個人情報
10.特定外来生物
11.犯罪その他の法令に違反するもの
12.上記に該当する恐れのあるもの
13.その他当社が不適当と判断したもの

第8条(秘密保持)

1.本条における秘密情報の定義は、情報を形成するデータに「CONFIDENTIAL」と赤字で記載されているものとします。
2.当社及びプロジェクト提案者は、相手方の書面による事前の承諾無しに、取引の履行に関連して知りえた相手方の秘密情報を、第三者に開示し、または漏洩してはならないものとします。但し、次の各号の情報についてはこの限りではありません。
 a. 既に自らが所有していた情報もしくは既に公知となっていた情報
 b. 自らの責によらず公知となった情報
 c. 知得した情報によらず独自に開発した情報
 d. 第三者から秘密保持義務を負うことなく正当に入手した情報

第9条(暴力団排除)

当社及びプロジェクト提案者は暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関連企業、総会屋等、その他これらに準ずる者に現在及び過去において該当しない事を保証し、暴力を用いる行為、風説を流布し、偽計を用い、又は威力を用いて相手方の信用を毀損し、又は相手方の業務を妨害しないことを保証するものとする。

第10条(規約の変更とサービスの廃止)

1.当社は書面又は電子メールによる通知により、規約の変更を行えるものとします。
2.当社は当社の都合によりいつでも本サービスを廃止できるものとします。

第11条(暴力団排除)

1.本サービス及び本規約に関する準拠法は日本法とします。
2.本サービス及び本規約に関し、プロジェクト提案者と当社との間で訴訟が生じた場合、東京地方裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とします。

平成28年11月3日 制定